GREETING

代表挨拶
不動産業界の新しい常識を作る
イタンジは不動産業界における"非効率な取引"を「滑らかな取引」へ変えたいと思い創業されました。 この理念は今でも変わらず、今後も変わっていくことはありません。

本来、人々の生活に大きく影響する「住まい」の選択は、新しい環境で暮らす未来に思いを馳せて、楽しくあるべき体験です。
しかし、インターネットが普及し、情報量が桁違いに増えた今日でも、消費者は物件の正しい情報を知れず、自分本位で選べず、不満を抱えています。
そんな中で私達は、常識となってしまった「非効率な取引」を解消し、公平で透明性のある「滑らかな取引」が当たり前となる業界へ変えていきます。

代表PROFILE

早稲田大学教育学部卒。同大学在籍中、早稲田大学主催のビジネスプランコンテスト優勝、同年に学生向けSNSを作成し起業。
その後、IT企業に入社し、エンジニアとしてシステム設計を担当。
2014年2月、イタンジ株式会社に入社。同社でWEBマーケティング、不動産仲介業務、システム開発(rails)、管理会社向けシステムのコンサルティング業務、執行役員を経て、2018年11月代表取締役に就任。

代表PROFILE

早稲田大学教育学部卒。同大学在籍中、早稲田大学主催のビジネスプランコンテスト優勝、同年に学生向けSNSを作成し起業。
その後、IT企業に入社し、エンジニアとしてシステム設計を担当。

2014年2月、イタンジ株式会社に入社。同社でWEBマーケティング、不動産仲介業務、システム開発(rails)、管理会社向けシステムのコンサルティング業務、執行役員を経て、2018年11月代表取締役に就任。
不動産業界とIT
あらゆる産業が、ソフトウェアを提供するITの会社によって変革されていく中で、不動産業界はIT化という側面では大きな遅れをとっています。
新興系のITベンチャー企業は、市場の巨大さと抱える課題をビジネスチャンスとして捉え、我々も含め数多く参入してきましたが、そのほとんどは、事業継続ができずに姿を消していきました。

私達も、創業当初は立ち上げたサービスを軌道に乗せることが出来ず、会社としての存続も危うい時期がありました。
しかし、不動産業界で必要とされているサービスとは何かを、実際に不動産取引を行う当事者として考え、試行錯誤することで、必要とされるサービスを生み出す事が出来ました。
我々が提供するサービスの中には、AIを使った高い技術レベルのサービスもあれば、シンプルな技術で構築されたサービスもあります。

ただし、どのサービスも、業務の中で強い課題を持っていた現場の声から生まれたという共通点を持っています。課題の解決手段として適した技術が使われたのであって、技術本位で作られた訳ではありません。
そこに、お客様から支持を頂いている理由があると思います。
人を本位に考える
不動産業界は、様々な登場人物が密接に絡んだ取引の中で成り立っているため、高い技術を持っていても、効率化を期待できるサービスであっても、そのサービスが浸透しない事が多々あります。
結局は人や不動産そのものが重要であり、あくまでもIT技術はそれらを繋げる手段にすぎません。取引の中で、場面によってはITの方が効果的であり、場合によっては人の方が適した状況があります。
リアルとITが交錯した取引の流れの中で、双方をバランスよく使い分けながら、繋げていくことで、滑らかな取引が実現できると考えています。
それは、住む人の気持ちを考え、貸したい人の気持ちを考えることで、滑らかな取引が実現できる手段が見つかります。

私達はこれからも、数多くのサービスを生み出し、業界に取って本当に必要とされることサービスを提供していきます。それは業界の常識で考えれば、非常識に見えるサービスかもしません。

また、時には既得権益と戦う必要も出てくるかもしれません。それでも、「人」を本位に考え、新しい環境で暮らす未来に思いを馳せて、楽しく住まいを選択できるよう、「イタンジ」な方法で「不動産取引が滑らかにできる世界」に変えていきます。

\ WANTED /

一緒にイタンジで働きませんか?