NEWS

2017/12/07

「Cloud ChintAI」と、IoTスマートキーボックス「igloohome」が連携

不動産の空室確認から内見・申込受付までを自動化するシステム 「Cloud ChintAI」と、IoTスマートキーボックス「igloohome」が連携 内見予約くんとの連動でワンタイムパスワードを発行し、見たいお部屋を安全に開錠

イタンジ株式会社 (本社:東京都港区、代表取締役CEO:伊藤 嘉盛、以下 イタンジ)は、中古マンション売買及び不動産管理を行うスター・マイカ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:水永 政志、以下 スター・マイカ)と協業のもと、12月7日、物件の検索から内見、申込、審査受付まで一連の賃貸不動産取引のコミュニケーションをAIによって自動化し、お部屋探しをするお客様にリアルタイムな情報を伝達する、賃貸不動産事業者用 のシステム「Cloud ChintAI(クラウドチンタイ)」と、民泊・ホテル・旅館事業者向けのクラウドソーシングサービスを提供する株式会社SQUEEZE (本社:東京都港区、代表取締役 CEO:舘林真一、以下 SQUEEZE)が日本における独占販売契約を有する世界初インターネット接続のない環境でも操作が可能なBluetooth対応スマートキーボックス「igloohome(「イグルーホーム」)」の連携を実現させました。

 今回のCloud ChintAIとigloohomeの連携により解決した問題は大きく以下の3点です。 ◆キーボックスの暗証番号流出による違法取引や不正占拠などの犯罪被害を抑制 ◆いつ、どの仲介会社が開錠したかの記録管理により、空内見防止や鍵紛失対応を可能に ◆現地に訪れて定期的にキーボックスの暗証番号を変更するコストの削減

この連携により、エンドユーザーから賃貸不動産の内見を希望された不動産仲介会社は、空室確認電話への自動応答システム「ぶっかくん」で空き状況を確認し、内見予約自動化システム「内見予約くん」で内覧日時の予約をすると、内見予約をした仲介会社の情報が自動でスマートキーボックスigloohomeに連動し、内見時に仲介会社ごとのワンタイムパスワードが発行され安全に部屋を開錠し見学をすることが可能になりました。スター・マイカグループの管理物件にて試験運用、改良を加え、初見の不動産仲介会社でもスムーズに登録・内見できる操作性を実現しております。(※ぶっかくん、内見予約くんは、Cloud ChintAIの機能です)

不動産の空室確認から内見・申込受付までを自動化するシステム 「Cloud ChintAI」と、IoTスマートキーボックス「igloohome」が連携

「Cloud ChintAI」と、IoTスマートキーボックス「igloohome」が連携