NEWS

2019/07/24

国土交通省の推進する賃貸取引の電子化促進を目的にブロックチェーンを利用した電子契約サービス「電子契約くん」の提供を開始

〜7月16日より国土交通省が受付開始した社会実験への対応を見据え〜

弊社は、7月24日より、賃貸取引の電子化促進を目的に、今年10月から開始予定の国土交通省の社会実験を見据えた賃貸借契約をオンライン上で行なう新サービス「電子契約くん」の提供を開始いたします。本サービスは、国土交通省が進める賃貸借契約の電子化(※1)への対応を見据えた電子契約サービスで、ブロックチェーンを利用した安全性の高い契約システムです。

【本件のポイント】
● 国土交通省の推進する社会実験への対応を見据えたブロックチェーンを利用する安全な電子契約サービス
● 導入実績約450社の「Cloud ChintAI」との連携で空室確認から内見、申込、契約、更新を一気通貫で
● ブロックチェーン基盤により、リアルタイムな物件データベースを構築し、おとり物件ゼロを目指す

プレスリリース

(※1)  国土交通省資料「賃貸取引における重要事項説明書等の電磁的方法による交付に係る社会実験のためのガイドライン概要」(http://www.mlit.go.jp/common/001299415.pdf)

国土交通省の推進する賃貸取引の電子化促進を目的にブロックチェーンを利用した電子契約サービス「電子契約くん」の提供を開始